エサレン研究所の画像(1)

エサレン研究所と歴史

エサレン研究所は、アメリカのサンフランシスコから車で約3時間ほどのカリフォルニア州・ビッグサーという海岸沿いにあり、「人間の潜在的可能性を探求する、滞在型の宿泊施設」として1962年に誕生しました。

研究所は、断崖絶壁の太平洋と緑豊かな森に囲まれ、温泉が湧き出る風光明媚な場所。
ここでボディワークを始め、心理学、ヨガやダンス、太極拳、音楽、アートなど様々なワークショップが開かれ、世界各国から集まった人々が学んでいます。

「エサレン」という名前は、この地に暮らしていたネイティブ・アメリカンである、エサレン(エスリン)族の名をとって命名されました。

研究所の始まりは、スタンフォード大学時代に友人同士であったリチャード・プライスとマイケル・マーフィーが出会い、
東洋と西洋の様々な考え方を取り入れながら、『文化や習慣にとらわれず、私たちが本来、潜在的に持っている可能性を伸ばしていくことができるか』ということ(人間性回復運動=ヒューマン・ポテンシャル運動)を探求する滞在型コミュニティーセンターをこの地に立ち上げたことに始まります。

以来、多くの哲学者や文学者、心理療法家、身体技法研究家、アーティストなどが研究所を訪れて交流し、様々な実験的・体験的なワークショップが繰り広げられるようになりました。

その中の一つとしてボディワークがあり、「エサレンⓇマッサージ」は生まれました。

エサレンマッサージ(エサレンボディワーク)は、こうした歴史や様々なメソッド、そして豊かな自然に育まれながら、『ゆっくりと、呼吸とともに、今ここの気づきをもって、あるがままを受け入れ、全体を繋げる』という独特のスタイル・哲学として創り上げられてきたのです。

そして、現在もなお新しい手法と組み合わされ、発展し続けています。

❖エサレン研究所に滞在し、ワークショップを行ったことのある著名人

  • フリッツ・パールズ(ゲッシュタルト心理療法の創始者)
  • アブラハム・マズロー(人間性心理学とトランスパーソナル心理学の創始者)
  • アーノルド・ミンデル(プロセス思考心理学の創始者)
  • カール・ロジャース(臨床心理学者/クライアント中心療法の創始者)
  • ロロ・メイ(精神科医)
  • アイダ・ロルフ(ストラクシュアル・インテグレーション=ロルフィングの創始者)
  • シャーロット・セルバー(センサリー・アウェアネスの創始者)
  • フレデリック・M・アレクサンダー(アレクサンダー・テクニークの創始者)
  • モーシェ・フェルデンクライス(フェルデンクライス・メソッドの創始者)
  • ミルトン・トレガー(トレガー・アプローチの創始者)

etc…

参考文献 「エスリンとアメリカの覚醒 – 人間の可能性への挑戦 」 <W.T アンダーソン著、伊藤博訳、(誠信書房) Esalen and American Awakening

エサレン研究所の画像(3)
エサレン研究所の画像(4)